ただいまステイHIGASHIOUMI農泊

よくある質問よくある質問

よくある質問

農家民泊に泊まる上で必要なものはありますか。

食事は全て共同調理ですので、三角巾とエプロンを持参ください。
その他、宿泊する上で寝間着、洗面道具の持参が必要です。
バスタオル、ドライヤー、シャンプー、リンスなどはご家庭の物を使用することができます。
また、「農家におまかせ体験」をされる場合は、屋外での作業をする場合もありますので、帽子や水筒を持参ください。
体験についての詳細はこちら

農家民泊する受入れ家庭を選ぶことができますか。

団体様の場合、宿泊グループと受入れ家庭のマッチングは当事務局が行います。ご希望をお聞きして、出来るだけ考慮いたしますが全てご希望通りになるとお約束はできません。
食べ物や動物のアレルギー、その他の事項などを十分に配慮してマッチングを行ないますので、事前の情報提供をお願いしております。
個人でのお申込みの場合は、農家民宿登録を取っているご家庭から選択できます。
農家民宿紹介はこちら

農家民泊で体験することを選ぶことができますか。

「農家におまかせ体験」を行なう場合、班ごとの体験内容は受入れ家庭が決定しますので、体験参加者がプログラムを選ぶことは出来ません。受入れ家庭が、当日実際に出会ってからの子どもたちの様子を見ながら臨機応変に対応します。

東近江市の農家民泊は何クラスまで受入れ可能ですか。

教育旅行の場合、3クラス120名程度まで受入れが可能です。近隣市町との合同受入れを行なう場合もありますので、3クラス以上の場合も一度ご相談ください。

重度のアレルギーの生徒や身体的・精神的に配慮の必要な生徒も受入れ可能ですか。

受入れ可能なご家庭を探しますが、生徒さんのアレルギー等の内容や程度によって対応は異なりますので、まずは詳しい内容をお知らせいただきご相談ください。

Copyright © TADAIMA STAY HIGASHIOMI Association. All Rights Reserved.
TOPへ